Glanzen Piano Concours
English

グレンツェンピアノ研究会

2021年度グレンツェンピアノ動画コンクール第2回本選 審査員

小市香澄先生
小市 香澄 先生
東京音楽大学附属音楽教室を経て
東京音楽大学付属高校
東京音楽大学を卒業
東京生まれ。才能教室(スズキ・メソード)にて5歳よりピアノを習い始める。東京音楽大学附属音楽教室を経て、東京音楽大学付属高校、東京音楽大学を特待生で入学し、卒業後は渡独。ドイツ国立デトモルト音楽大学に留学。イタリア(ヴェルチェッリ)ヴィオッティ国際音楽コンクール ディプロマ受賞、ドイツ(ケルン)ショパンコンクール 第1位、武生国際音楽祭にて「ブラヴォー賞」受賞。留学中、(ケルン)ショパンコンクール入賞後、ドイツ、テュルマー社と契約を結び、ドイツ国内で演奏活動を行う。帰国後、日本ショパン協会主催185回例会(東京文化会館小ホール)に出演、日本デビューリサイタルとなる。その後、NHK・FMリサイタルを含め、ソロリサイタル、室内楽、伴奏活動を続けている。これまでに、井上千寿子、山岸麗子、大谷真美子、故井口愛子、弘中孝、丸子寛子、フリードリッヒ・ヴィルヘルム・シュヌアの各氏に師事。チェロ室内楽をカリーネ・ゲオルギアン女史により指導を受ける。1997年より現在も洗足学園音楽大学講師。2002年から2004年までフェリス女学院大学音楽学部にても講師を務める。その傍ら、小さな子供からシニアまで幅広い年齢層で、趣味の方は勿論、保育士、幼稚園教諭、音楽教員、また音高、音大受験を目指す方のレッスンも多くしている。
大坪 加奈 先生
大坪 加奈
エリザベト音楽大学非常勤講師
エリザベト音楽大学ピアノ科卒業。同大学音楽専攻科修了。卒業演奏会に出演。ドイツ国立シュトゥットガルト音楽芸術大学大学院ピアノ科、及びピアノ室内楽科修了。5年間の留学中、アシスタントを務める他、各地でソロ、室内楽の演奏会を行う。オストゥーニ国際ピアノコンクールでは4位。原本美子、石川正司、アンドレ・マルシャン、エドガー・トラウアーの各氏に師事。これまでにピアノリサイタルの他、広島交響楽団、広島アカデミー合奏団、広島センチュリー管弦楽団などのオーケストラとウェーバー、ショパン、グリーグ、モーツァルト(K.595,451,488, 413,450,491,449,456,482,414,453)の協奏曲を共演。ソリストとしての活動のほか、合唱・歌曲伴奏や室内楽のコンサートを行う。2019年にはギリシャ・アテネで伴奏・独奏。その他、公開講座・公開レッスンの講師、コンクール審査員、ドイツ語通訳・イタリア語通訳などを務める。山陽女子短期大学ではキャリアアップセミナーを担当。NHK文化センター講師。呉市音楽家協会会員。エリザベト音楽大学非常勤講師。
山﨑綾子先生
山﨑 綾子 先生
国立音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業
ブログ:https://ameblo.jp/ayappepiano0429/
インスタグラム
国立音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業。聖徳大学大学院音楽文化研究科博士課程前期課程修了(成績優秀により日本学生支援機構奨学金返還全額免除)。奨学金を得てウィーン国立音楽大学マスタークラスに2度参加。東京オペラシティでのジョイントリサイタル等、ソロで様々な演奏会に出演する他、声楽・器楽・合唱のアンサンブルピアニストとしても数多く活動。2015年5月には東京・代々木にて「赤ちゃんからのコンサート」を共催。500人以上の観客を動員、好評を博す。 以後、名古屋市内および近郊にて同コンサートを毎月開催。リトミックとクラシックピアノ名曲コンサートを組み合わせたプログラムで、毎回満席。2019年よりドイツに拠点を移し、【ドイツ在住のピアニストと練習できる オンラインピアノ教室】を主宰している。これまで日本、ドイツ、アメリカ、オーストラリア、イギリス、オランダ、ルクセンブルグ、香港、タイ、シンガポール、韓国、インドの生徒さんがオンライン受講。2021年、ピティナ指導者賞受賞。(海外指導者の受賞は史上初)

2021年度グレンツェンピアノ動画コンクール第5回予選 審査員

三上 次郎先生
三上 次郎 先生
長崎大学教育学部教授
宮崎県日向市出身。武蔵野音楽大学作曲科卒業。同大学大学院修了。84年度全日本吹奏楽コンクール課題曲公募入選。85年日本バンドクリニック委員会邦人作品公募入選、入選曲は東芝EMIでレコーディングされる。同85年JBA下谷賞佳作賞受賞。90年国際青少年音楽祭の吹奏楽作曲作品コンクールにて1位受賞。作品には「幻想の舞」(武蔵野音楽大学委嘱作品)、「吹奏楽のためのスケルツオ」(東海大学委嘱作品)「吹奏楽のための交響曲」(早稲田大学吹奏楽団委嘱作品)などの吹奏楽作品の他、ピアノソナタ第1番、第2番、ピアノとオーケストラのための「叙情的風景」などのピアノ曲、その他室内楽曲などがある。2004年より長崎大学教授宮下茂氏の伴奏ピアニストを勤め、リサイタルをはじめ、韓国、中国などでの公演を行っている。活水女子大学音楽学部助教授を経て、現在、長崎大学教育学部教授。
安田 正昭先生
安田 正昭 先生
上野学園大学准教授
1983年東京芸術大学付属音楽高校に入学。1984年同高校在学中、第30回マリア・カナルス国際コンクール・ピアノジュニア部門に優勝する。1986年東京芸術大学に入学、同年マントヴァフェスティバルに招かれ、リナルド・ロッシ賞を受賞。1988年パリに留学。パリ・エコールノルマルにてディプロマ取得後、パリ国立高等音楽院ピアノ科入学。ピアノ伴奏、室内楽の各科をプルミエ・プリを得て卒業。フランス国際コンクールをはじめとして数多くのコンクールに入賞する。中山靖子、安川加壽子、ピエール・レアック、イヴォンヌ・ロリオ・メシアン、ミシェル・ベロフ、ブルーノ・リグットの各氏に師事する。現在、上野学園大学准教授。
中島 和宣先生
中島 和宣 先生
作曲家
元福岡女子短期大学音楽科教授
平成音楽大学非常勤講師

↑ PAGE TOP